Sketch Note

<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧




旧友と飲む。

仕事関係の飲み仲間の一人であるオカダさんが、
毎回ボーナスが出るたびにおごってくれるのですが

今回はちょっと早めにいくことになりました。

3人の中では私が一番年下なので、お店のチョイスも私の役目。
さてどこに行こうか、毎回悩みます。

今回参考にしたのは、かつてデザイン事務所に勤務してた時
その頃の取引先の編集長だったことのあるニキさんのブログ。

http://blog.goo.ne.jp/nikidasu

ま〜〜〜〜毎回メッチャクチャ美味しそうなお店が紹介してあって
涎もんで読みにいってる訳ですよ。
さすが美味しい店を良く知ってらっしゃる。

シーフードが大好きな私ですので
一番最初にチョイスしたのが
スペイン料理の「アロス」
http://www.zazi.jp/shop/shop_6178.html

電話で予約入れたけど、
なんと2週間も前から週末は予約が入るくらいの人気店だとか。
当然満席とのこと。
むう。

次にチョイスしたのが今回食べにいった
「オステリア・アルベロ」
http://www.zazi.jp/shop/shop_6200.html

3人で2時間かけてゆっくり食べ飲みました。
む〜〜ん美味しい。
残念ながら私の大好きな”エビ”関係はなかったのですが
なかなか満足でした。
前菜がいろいろで美味しかったです。
バーニャカウダが出てきたのが嬉しい。
肉料理がちょっと塩味きつめ。
デザートのティラミスはフィンガービスケットを使ったタイプで、
コーヒー味がかなりほろにがで美味しかったです。

飲み足りなかったのでもう一軒いくことに。
コトヨさんが知り合いがいる店に行こうというので「Blue bar]へ。

あれ?この店って…
確か専門学校時代の同級生だったFくんが
土曜日バイトしてるっていってなかったっけ?

お店に入ってマスターに聞くとやっぱりそうで、
ところが今日はたまたま用事でお休みとか。
あらま〜〜〜せっかく来たのに〜〜残念だわ〜〜〜

…と会話していたら、コトヨさんが

「なんでFくん知ってるの?」とびっくり顔してるんですよ。
専門学校の同級生で、ここでバイトしてるって前から聞いてたって言ったら
コトヨさんの知り合いというのもFくんのことだったのです。
コトヨさんの親友の弟だとか。

へ〜〜〜〜〜!!!!!
世間って狭いねえ!

とゆーことで、
同窓会の連絡用にFくんのメルアド知ってたので、
「お店にきたよ〜」メールを入れました。
ついでにコトヨさんのことも入れて、世間て狭いねえ!って書いておくったら
しばらくして返信が。

彼も相当びっくりしたようで、近所に住んでるから出て来るとのこと。
先にオカダさんが帰ってコトヨさんと私でFくんを待つことに。
Fくんが到着してからしばらく3人で盛り上がってしまいました。

コトヨさんは明日も仕事なので先に帰って、
それからは同窓生トークで2時過ぎまで盛り上がってしまいました。

あ〜楽しかった。
お店の雰囲気も良かったし、
マスターも面白い人だったので、次回の同窓会飲み会はここでやろうということに。

同窓生の皆さん、待っててね。そのうち連絡しますんで*^^*
[PR]



by joribox | 2008-11-29 01:33 | Talk

ざぶん賞表彰式

ざぶん賞表彰式に行ってきました。

前回も開会ギリギリだったので、
今回は時間に余裕を持って出かけたのに
会場である石川厚生年金会館のまわりの駐車場はどこもいっぱい。
ぐるぐるとめる場所探してるうちに時間になってしまい
あわてて某病院の駐車場に置かせてもらうことに。
しかしここの駐車場、広いんだけど、病院に用事の方は普通なんだが、
それ以外は1時間1000円だとゆー暴利。

…しかし背に腹はかえられない〜〜〜〜

いやね、本当はチョコチョコッと病院の方に
見舞客装っていって、なにがしかしてくればいいんだけど、
今回そんな暇もないのよ。

ばっと車とめて開場まで走ること5分。

司会の方が開会のアナウンスしてる会場に滑り込む。

中央の方に私の名前を貼った席が用意されてるも、
そこまではさすがに目立つのでたどり着けず。
あとでプレゼンターで席を立つので、その後戻ろう。

ということで表彰式に参列。


今年は会長の筑紫哲也さんが先日亡くなられたところで
会場で全員が黙とうした。

いろいろ来賓の挨拶があって。さて表彰。
地域賞からざぶん大賞、環境賞…

私の絵を贈る相手はざぶん文化賞を受賞した小学4年生。
b0020028_12563450.jpg


石田航大くんだ。

文章を読みながら、どんな子だろうとずっと想像していた。
利発そうな男の子だった。
おめでとうと言って額に入った彼の文と私の絵を渡す。


表彰式のあといっしょに写真を撮った。

b0020028_12582845.jpg


サーフィンを題材にした作文だったので
「サーフィンは上手になった?」と聞くと
「まだまだ」と初めて笑ってくれた。

会は後半小説家であり今回赤毛のアンの翻訳を手がけた
松本侑子さんの講演も有りで楽しかった。

毎回このあと飲みにいくんだが用事があって私は行けなかった。
今度金沢の方のスタッフで飲み会をまたしようねと、
市村淳一さんと表くみちゃんと言って解散。

百鬼丸さんもこられなかったし、ちょっともの足らない終わりかただったが、
航大くんの笑顔が見られたことで良しとしましょう。
[PR]



by joribox | 2008-11-23 12:43 | Work

ざぶん賞「ざぶん展」開催です。

ざぶん賞2008表彰式、展示会が開催されます。

今年も約5500作品の応募がありました。
毎年増えてきてます。ありがたいですね。

今年は会長である
筑紫哲也さんが亡くなったため、さみしい会になりそうですが
全国から入賞の子どもたちがやってきます。
私もイラストを描いてあげた子どもさんに手渡しできるのが楽しみです。

表彰式は
2008年11月23日 15:00~
石川厚生年金会館


入賞作品の展示会場は昨年と部屋が違います。

ざぶん展2008 金沢展
日時:2008年11月22日~24日
場所:金沢21世紀美術館 1階会議室
入場無料

今年は1点だけ私も描かさせていただきました。

お時間のある方はぜひいらしてください。
[PR]



by joribox | 2008-11-22 16:24 | Work

ほっと石川秋号

今回は木場潟です。

b0020028_22515329.jpg


もうどうやっても白山とすすきと
子どもたちの走るサイクリングコースが
うまく重ならないので、実際こういう景色は見えません^^;;;

まあ、そう言うことも有りで。

反省点は…そうですね、
なんだか絵の具を制御するのが難しかったです。暴走してました。
こらこらこら…と思うところが多々あって
水彩画はやり直しがきかないだけに
修正が大変でした。

毎回思うのですが、
こう、水彩画(私はインクも使うし色鉛筆も使うので厳密にそうとは言えませんが)って
思い描く以上の効果が出たり、もの足らなさが出たりして
その辺の不安定さが私は好きなのですが、
今回はちょっと言うことをなかなか聞いてもらえなかったなという感じでした。

イマイチ乗り切ってなかったなという感じですか。
それでもお仕事ですから何がなんでも言うこと聞かせる訳ですが、
なんていうか言ってみれば、ちょっとリズムが狂ってた感じですね、製作中。

ところで
秋の初めの景色を描いたのですが、
家にほっと石川秋号が入ったのは
雷ゴロゴロあられバリバリ
カンッッペキに冬景色な日でした^^;;;;

そう言えば今年は秋って…短かった?
なかなか木々や山が色づかないなあ…と思ってたら、
あっという間に雪でしたよ。

冬の号はどこの景色なのかなあ。
楽しみです。
[PR]



by joribox | 2008-11-21 23:04 | Work

最近暇です。

こりゃヤバいっしょ^^;;


がしかし、慌ててもしょうがないので
もっぱら営業ツール(?)づくりと
フラッシュの勉強と
いろいろ見て回って目の肥やししてます。

とゆーことで、井波の瑞泉寺に行ってきました^^;;
(だからってなんで寺やねん…という突っ込みはナシで)


b0020028_1595097.jpg


さっすが欄間の町。
町中いたるところに彫り物が点在するんですよ。



b0020028_1511112.jpg

古い街並が瑞泉寺の門まで続きます。
ところどころで彫り物を実際に作ってるところも見られます。

人間大の不動尊や、菅原道真公…
あ、そう言えばいっしょに行った富山の友人が言ってましたが
ここらでは女の子が生まれたらおひな様、
男の子が生まれたらこの、菅原道真公の彫り物を送るんだそうですね〜

b0020028_1527329.jpg


ところでこんな彫り物もありました。
わはははははは
井波の職人さんも粋な(?)ことしますねえ。
萌え〜〜〜ですよ。


b0020028_15143160.jpg


瑞泉寺です。
いいお天気です。
さっきまで立山が見られたんですがねえ。

b0020028_15154540.jpg


友人いわく有名な瑞泉寺の正門。
「どこらへんが有名なの?」
と聞くと
「え〜〜〜〜と………建築的に…歴史的に…まあ、とにかく有名ねんて。」
と友人。むう。

帰って調べたらここにあった
http://www.geocities.jp/inamibetuinzuisenji/framepage7.html

さて。宝物殿で、この瑞泉寺の見取り図の木版があったので見入ってしまいましたよ。

すばらしいのです。この細かさ。正確さ、美しさ。
見入ってしまいました。

悲しいかな。
もちろんお寺も色づき始めてるお寺の植栽もすばらしいのですが、
これに一番感動するあたり、やはり私は職人なんだなあと思うのでした。


お土産にこんなものを買いました。

b0020028_1522520.jpg


どーゆーネーミングやねん…
と思ったら一応言い伝えに基づいたものらしいです。

まわりのお餅の部分に里芋を混ぜてあるらしい。
おいしかったです。


紅葉も綺麗になってきましたねえ。
[PR]



by joribox | 2008-11-16 15:29 | Talk

母友=戦友

子どもがまだ小さかった頃、大桑の市営団地にいました。
今でもそこが何となく懐かしいふるさとのような気持ちがあります。

娘が1歳半のときから大桑の団地に住んでいました。
そこで知り合ったお母さんたち、
ご近所さんとは今も集まって飲みに行くくらい仲良しです。

同じような年頃の子どもを持つお母さんたちは、
いっしょに子育てで悩んだ戦友なのですね。

いろんな悩みを分かち合い、励まし合い、助け合っていました。

もうほとんどが団地をでて家を建てられたりしてバラバラになりましたが
本当に今でも会えば一瞬で時は戻ります。


その中に、「風の子くらぶ」という学童クラブでいっしょだったお母さん方がいます。

そこは、小学生低学年の子どもたちのクラブで、
両親ともが働く共稼ぎの家庭の子どもたちが、
親が仕事を終え帰ってくるまでの間
同じような子どもたちと、昼間の兄弟のように過ごす場所でした。

私は在宅で仕事でしたが、出入りがあるため留守のことも多く、
娘は小3まで、息子は引っ越すギリギリの小2まで通いました。

小学1年生で鍵っ子のうちも多かったんですが、
やはり心配だったのと、家の鍵を管理させるのは
3年生くらいにならないと安心できなかったのよね…

とゆーことで、ほとんどの親がフルタイムで働いてたので、父母会ももちろん夜。
共稼ぎの大変さや、子どものことや、本当に遅くまでいろんな相談をしました。

まさに戦友でしたね。

今やもう高2と中1になった子どもたち。
お留守番も平気のへいざになったけれど
あの頃の小さかった手はまだまだ忘れられず、
今も母ばかりがやきもきする日々ですねえ。

今日は風の子くらぶの子ども祭り。
OBとして毎年子どもたちと遊びに行ってるんだけど、
中学時代は娘はOBの管轄であるチョコバナナのコーナーの手伝いに行ってたけど
今年はバイト。息子は部活。

私は一人で懐かしい戦友に会いにOB親として手伝いに行きました。
1年ぶりに会う戦友は、お父さんもお母さんもあんまり変わってなくて、
すぐにみんな、あの頃のように笑って大騒ぎ。
そして遅れてポツリポツリやってきたOBの子どもたちの成長にみんなでびっくりしあう。
中にはもうママになってるOBの子もいる。
私が初めて彼女に会ったのは彼女が小6のときだった。あの子がママ!すごいなあ。

親ばかりがなんだかあんまり変わらなくて
子どもの成長で時間を感じる。

息子も遅れて参加。
この1年でにょきにょき伸びたのでみんなにびっくりされてました。

娘には頼まれてた「風の子クッキー」をお土産に。
これはクラブの子どもたちが必ず作る風の子のレシピで
OBの子どもたちはみんな大好き!
懐かしくてOB親は来られない子どもたちに必ず頼まれて買って行くのです。
だからあっという間に売り切れる。

バイトから帰った娘も大喜びで、
「風の子のクッキーが一番おいしい!」と息子と取り合ってほおばります。
たぶん彼らの思い出の味なんでしょうねえ。

楽しかった。
また来年も行こう。
[PR]



by joribox | 2008-11-09 14:44 | Talk

筑紫哲也さん死去

先日よりこっとり時間をかけて悩んでた「ざぶん賞」のイラストは本日締め切り。

今朝までかかって事務局に持参しました。
また私が一番最後だったらしい。ほんとにご迷惑かけます。

構図に最後まで悩んでたので…



今年は一点だけの制作だったのだけど
できあがってほっとした。


そして夜、筑紫哲也さんの死去のニュースを見た。

「ざぶん賞」の実行委員会会長として、その任をお任せしていた方です。
私がざぶん賞に関わって数年経ちますが、
毎回表彰式においでた筑紫さんはとても優しい笑顔で
挨拶してボランティアイラストレーターですと名乗ると
「いつもありがとう。大変でしょう」と声をかけていただきました。

子どもたちの未来と、地球の未来と環境について暖かく、しかし力強く語る方でした。
毎年金沢に来ていただいてました。

昨年の授賞式の日
ほんとは入院中なのですとおっしゃって
体調万全ではない中金沢に来てくださいました。

いつかもっとお話しできたらいいなあと思ってました。
残念です。


今年の「ざぶん賞」はさみしいでしょう…

筑紫哲也さん
ありがとうございました。

ご冥福をお祈りします。
願わくばこの地球の清浄な風になられますよう…
[PR]



by joribox | 2008-11-07 21:10 | Talk

お仕事の効率?

私はたぶん手が早い方だと思います。


…………いえ、男にじゃありませんよ、お仕事の、です。

描き出したらバババババーッとのめり込んで描いちゃうので、
比較的早く仕上がることも多いです。

え?その割にいつも納期ギリギリじゃん、と思われる方も多いでしょうが^^;;


…そうです。描きだしたら早いんですよ…

つまりは描きだす前、
アイデアを練ったり構図を考えたり、下書き起こしたリってのが遅いんです………

ま、まあ、それでもなんとか帳尻合ってるから
効率的には良しとしましょう。



………でも、アイデアを練ってるときって言うのは、
家族にとってはただの迷惑ものになってるんですよねえ。
ウロウロボケボケイライラねちねち…………

子どもたちは小さい頃近づいてきませんでしたもん、そのあたりは。

子どもたちが大きくなって来ると、今度は気を使われたりします。

「なんか資料探そうか?アイデアいっしょに考えようか?」

およそ役に立たないことの方が多い訳ですが、
それでも気遣ってくれるのは嬉しいですよね。


さて、ざぶん賞のイラストのアイデアを考えて数日たちます。
いつもこの作業が長いんですよね…

そろそろ陰気になりつつある私は
子どもたちに頭なでられて、励まされて、
図に乗ってコーヒー飲みた〜〜〜いとわがまま言ったりしてます。

優しくされるのって嬉しいですねえ


それが心の中では

「ごねると面倒だから、はいはいって言っとこう」と思ってたにしても。


いいもん。今だけ大わがままになってやるのだ。



「のど乾いたなあ〜〜〜〜〜」
[PR]



by joribox | 2008-11-04 15:13 | Work

こんにちわ、ほんだじょりです。イラストレーションを生業としてます。
by joribox
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧