Sketch Note

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧




娘、初事故

24日の夕方、もう冬の日だから真っ暗けになろうと言う時間、
某社で仕事中に保険屋さんをやってる友人から電話が入りました。

車の保険屋さんでよっぽどのことが無ければ、
更新時期くらいしか連絡を取り合わないので
なんで今頃??と思いつつ出てみたら

「娘さんが事故にあわれたみたいなんですよ。
僕に電話して来てくれたんですが、
どうもパニック起こしてるみたいで
事故現場がどこなのか、自分の携帯番号が何番なのかも言えない感じで
困ってるんです。
娘さんの携帯番号教えていただけますか?僕、現場に行ってみますんで」


心臓が一瞬止まるってまさにこのことだわと。

本気で5秒くらい止まったと思う。

ケガは?どんな事故??

…と友人に聞いても友人にもわかる訳は無く
「とにかく行ってみますから」
と言うのでお願いして
ハラハラしながら仕事を続け

合間にどうしても気になって娘の携帯に電話をしてみたら
「今忙しいの、あとで!」
と切られました…………

まあ、とりあえず声は元気だったし、
たぶん本人にケガは無いだろう。
あとは相手方がどうかだけど、泣いてもいなかったし、
たぶん大きな事故じゃないだろう…
今事故処理中かな…

とドキドキしてるのを必死にごまかすこと40分ほど。


ようやく娘当人から電話がありました。

「ビックリした〜事故っちゃった〜あはは」
あははじゃないやろがっ!!!!!!

結局のところ
交差点に入るところで信号が黄色から赤になったので
突っ切らずに止まったら
後ろの車は娘が突っ切るだろうと予測して車線変更したらしく
右後ろのウィンカー部分に接触したらしい。

それほど強い衝撃ではないが、初体験にビックリしてしまったそうで
テンションがずっとハイのままなのですよ。

警察を呼ぶ呼ばないでいったん揉めたものの、
娘が友人の保険屋さんにすぐ連絡をしたので
彼が電話で相手を説得して警察通すことになったし、

初めての110番に娘興奮のあまり
「事件ですか、事故ですか?」のオペレーターさんの問いに

「たぶん、事故でっす!!」
とハイテンションに答えたらしい馬鹿娘…

駆けつけた友人にエヘエへでニタニタ笑ってお礼を言ったらしい娘…

………まあ、自分に非が無いだろうとほぼ思えるからこその余裕だろうけどさ。
反対の立場ならきっと半泣きだったろうしねえ…

友人の見立てではほとんどこちらに非が無いとのこと
あらためて連絡をもらった時は心底ほっとしました。

後に相手の保険屋さんの方からも、すべてあちらの責任になると連絡をいただき
ケガも無かったので物損事故として処理。
しばらく娘の車は車屋さんに入院することになりました。

b0020028_940174.jpg


こんな感じです。


自分が受ける側ですが、事故にあったことで
娘の中の意識もまた安全運転を心がける方に向いたらしいので
結果オーライですね。

昨日になって事故を起こしたおじさんが我が家まで
ケーキ持参でお詫びに来られました。

お互いケガが無くて良かったと言うことでおさまりました。




さて、この事故で娘が何より嘆いたのは

「自分が何も犯罪を犯さない状態でパトカーに乗れる
かなりレアな機会を逃してしまったこと」でした………

雨も降ってたし、寒かったので、
車に乗って調書を取ると言うことになったらしいのですが、
自分の車につい乗ってしまったのだそうで
パトカーで書かせてもらえば良かったと。



……………うん、何か間違ってる気がするよ、あんたは…………
[PR]



by joribox | 2011-11-30 09:03 | 親バカ

ざぶん賞2011

2011ざぶん賞の表彰式が行われました。

最近調子悪かったので出欠の返事を先延ばしにしてたんですが
私の担当した子が金沢に来てくれるらしく
やはり行かねばっ

時間的にギリギリだったので
四高館で行われている「ざぶん展」は翌日に行きました。

今回の作品はやはり、東日本大震災や福島の原発に絡むものが多かったです。
日頃忘れているんだけど、自然の力は恐ろしい。
水は人間にとってはかけがえ無く大切なもの。
牙を剥いた時の恐ろしさ…

今年はそれをまざまざと感じさせられた年でした。
その場にいた人も、テレビで見た人も
いろんな形で傷が残りました。
子供たちの書いたその日の記憶はとても鮮烈で
胸を締め付けられるもの、思わず涙ぐみそうになるものも多かったですが
それ以上に明日に向かう気持ちのとても強いものも多く
とても胸が暖かくなりました。

そんな中、大賞を取ったのがこの作品。
b0020028_13513947.jpg

稲垣颯一郎君の作品です。
当人の朗読もありました。

はじめクスリとして
そしてちょっとせつなくなる内容でした。


そして私の担当したのは
b0020028_13562086.jpg


Oくんの作品です。

今回もけっこう構図で悩みましたねー
子供たちの見た海の広さ、地球の上にいるという感覚
そして遠くに見える家や車、
近くに見える小島…
そしてその真ん中で自然の大きさに
負けない笑顔の子供たち

そんなことを考えながら描きました。

Oくんご当人とご家族に、交流会の時ご挨拶してお話したら
「ホントにこういう感じなんです!」と言ってもらえて、
すごくほっとしました。

海友達の感じもよく似てるって*^^*嬉しいですねえ〜〜〜

私の絵はどちらかと言うと「具体的」なので
イメージが違うとけっこう違和感が出ます。
だから色々下調べして想像力を働かせて構図を考えます。
しんどいけど、本当に楽しい作業です。
今回Oくんにいただいた文章からいろんな発想をいただきました。

b0020028_1356569.jpg

交流会でOくんと。
明るい少年です。
話もハキハキしてとっても気持ちのよい少年でした。

この数日後、試験だと言ってましたが大丈夫だったんでしょうか^^;;;

ウチの息子と1つ違いなんですね。
昨年の息子の試験三昧を思い出し、思わず「頑張れ〜」と
Oくん、ご家族に心でエールを送りました^^;;;;

金沢を楽しんで帰って下さるといいなあ。

さて、翌日の「ざぶん展」@四高館。

今回ボランティアイラストレーターに
新たに仲間入りしてくれた人たちのうち、
私がぜひにと声かけさせていただいたお二人をご紹介します。

b0020028_1440525.jpg


デザイン専門学校での同窓生である一二明子さん。
いつも見てるシルクスクリーンとは違う、水彩画です。
ちょっと意外でした。彼女のこの手の絵を見るのは珍しいなあ…
ちょっと得した気分です。ウヒヒ。

b0020028_1440173.jpg


アマヤギドウ ジュンさんです。
個人的にファンなんです*^^*
ダメもとで誘って、快く承諾してもらえて嬉しかったです。
かわいいんですよ、彼女の描く生き物は。特に河童も^^
今回も、ばっちりです。嬉しい。



久しぶりにお会いできた百鬼丸さんもお元気で、ますます怪しく^^;;;
他のアーチストさんたちも1年ぶりにお顔を見られてホントに嬉しかったです。

夜の打ち上げに出られなかったのは非常に残念でした…
来年は体調崩したりしないぞっ!
[PR]



by joribox | 2011-11-26 06:04 | Art

お知らせ

最近体調を崩してたもんでなかなか更新できませんでしたが

やっとこぼちぼち盛り返してきましたので、
過去記事2つほどアップしてます。

まだ書ききれてないことも多いんですけど^^;;
書けるかなあ

ざぶん賞の原稿も来てるんですがなかなかイメージが固まらなくて^^;;;


本日は太陽が丘でヤマダタッケンのイベント
「ママンマルシェ」に似顔絵で参加してます。

でも雨天中止なんですよね。
今現在雨です。これは中止かなあ…

帰ったらまた仕事しよう…です。
最近ちょっとさぼりすぎました^^;;;;
[PR]



by joribox | 2011-11-13 06:44 | Talk

いくつになっても

本日は金沢市橋場町にあります「清泉幼稚園バザー」で似顔絵描きでした。

…実は私はここの卒業生なのです。
私の父もここの卒業生で親子二代にわたってお世話になりました。

先の園長先生である高橋先生は私の幼稚園時代の担任の先生で
今も後見役としてこの幼稚園に関わっておられます。
その高橋先生から昨年声がかかり
バザーで似顔絵描きをすることになりました。

小さい頃にお世話になった先生にって
どうしてこう頭が上がらないんですかねえ^^;;;;;

相変わらず一番乗りに来てくれたcokechanありがとう。

わりとのんびりムードで描きながら
途中、cokechanが男性を連れて手を振るのを発見。
かつての同窓生(幼・中といっしょだった)Tくんです。
わーなつかし〜〜〜〜
と言いつつ、お客さんがいるのでお話も出来ず…
彼等はこのあと開かれる、卒業生の同窓会に出席するんですが
私は仕事で不参加予定…とほほ

2次会誘ってねっ!と言いつつバザーを終え、仕事に向かいました。

そして夜。
cokechanからの電話でカラオケボックスへ。
他にも同窓生が何人も来てるというので、めっちゃ楽しみに行きました。

参加メンバーは女子(?)がcokechanと私
男子(?)が中学でいっしょだったけど接点の無かったMくん、Iくん、
同級になったことのあるTくん、
幼・小・中いっしょだったきーちゃん(Iくんですがわかりにくいのでこうします)
ギャ〜〜〜〜中学以来だねえ。変わってない!
歳食ってるけどイメージそのまま〜〜〜

前々から噂で聞いていましたが
cokechanたちのカラオケは噂通りすごかった…

Mくんはエレキギター持ち込んでガッツリ演奏
Iくんはめっちゃうまいハモリの応酬
cokechanは昔から歌うまかったけど
輪をかけるうまさで洋楽ロックからポップスまで迫力の声量で歌いまくり
Tくんときーちゃんは日本唱歌を熱唱し
(てか、鉄道唱歌をあそこまで熱唱する人はじめてみたよ、きーちゃん…)
Tくんはお仕事でもあるキーボードをアドリブで演奏。
もう、圧倒されっぱなし^^;;;

………一番奥の部屋に通される意味が分かりましたわ^^;;;;
入り口入ったところからすでに大音量で聞こえる、ウチらの部屋^^;;;;

こんだけパワフルなカラオケは初めてだ…

MくんとIくんは接点が無かったので
イマイチ記憶に無かったんだけど
Iくんをかつて好きだった女の子の話題で急に記憶によみがえる。
その女の子の方を私が知っていたんだけど
彼女が当時そういえば、ずっと騒いでたのが確か…
「バレー部のIくん」

まさに彼がそうでした。わーーーーーーー
当時しゃべったことも無いのに、そのキーワードで覚えていましたわ。

すごい、ちょっとのことで記憶ってよみがえるんだ。

Tくんは昔からピアノがうまかったけど、今はそれを職業にしてるミュージシャン。
きーちゃんは獣医さんになってた。
Iくんは美容師さんらしい。
あれ?Mくんは聞きそびれたなあ。でも音楽やってるような話が出てたはず。

それぞれの将来はあの頃のイメージも重なって、
「らしい」とこにおさまってるのがなんか不思議でした。
cokechanの歌は超絶うまかったです。今度また混ぜて下さい。
聞いてるだけでもかなり聞きごたえあったよ〜〜〜

いっぱい歌って思い出話して
すごくすごく楽しかった!
誘ってくれてありがとうねcokechan。

同窓生は楽しいね。
[PR]



by joribox | 2011-11-05 05:49 | Talk

メリルストリープ

たまたまだけどメリルストリープの映画のDVDを3本立て続けに見ました。

「ジュリー&ジュリア」
「ミュージックオブハート」
「恋するベーカリー」

しかしまあ、すごい女優さんだなあと。


ジュリアチャイルドって料理家さんは知らなかったけど
すごく変わっててチャーミングな女性だったし
ロベルタ先生は頼りない女性から熱意ある教師になるのがとても爽快だったし
ベーカリーではジェーンがその歳で元夫と新しい男性との間で
揺れるのが何とも女性的で美しかったし。

そういや、「プラダを着た悪魔」だっけ?
あの鬼上司も好きだったなあ…

美しい美しいと必ず劇中で絶賛されるメリルストリープだけど、
そんなに美人かあ???普段は思っちゃいますが

やはり映画の中の彼女は美しいです。
魅力的な笑顔、戸惑うかわいらしい顔。
ああ、こんな女性になりたいもんだ…

「ミュージックオブハート」はもともと大好きな映画で
あのコンサートシーンはホントに泣きそうになります。
しかも実話だそうですよねえ…
ヴァイオリンの音色ってホントに美しい。
今から何か一つ楽器を習えるといわれたら、迷わずこれを選ぶだろうな。
でも、ある程度になるまで、ホントに迷惑な楽器なんですよねえ……
劇中でも小学生の子供が家で練習するのに
「頼むからもうやめてくれ!」と叫ぶ家族。
ホント騒音でしかないんですよねえ。

最近は仕事のBGMでこれをかけっぱのときが多いです。

「ジュリー&ジュリア」は見てるとホントにおなかがすいてきますわ…


ところで「恋するベーカリー」ですが

浮気してその女性と結婚までした元夫と
逆不倫してしまう女性のお話ですけど
面白いなあと思うのは
女友達が元夫と不倫してると告白したジェーンに
「よくやったわ!」と大喜びする。
無責任だけど、こういう反応ってやっぱり好き。
あと先はともかく、思いがけないかつての復讐に
笑い飛ばしてくれる方が救われるよねえ。

あとはもう大人になった子供たちが
卒業記念にもとの家族が集合して過ごしたことに
すごく嬉しい、と喜んだ子供たちだけど
いざ、両親が元さやに戻るかもしれない、と知ったら
冗談でしょ?泣いて家出をして
姉弟3人でいっしょにベッドに丸まって
迷子になったような顔をするんですよ。
会っていきなりセックスして
元さやに戻ろう!と盛り上がる大人たちとは対照的に
子供にとってはそう簡単なことじゃないってことですよね、両親の離婚。
子供たちが丸まってるベッドにいって、
大人として話すジェーンはとても真摯です。
バイプレイヤーとして長女の婚約者がとてもいい味出しています。
このシーンが一番好きです。
子供たちは大人になったけど、心はまだ子供で
親ってのはそんなにも彼らに影響ある存在なんだと気づかされます。

最近40代50代のバツのついた友人たち(男も女も)から
何人も再婚したハガキが届きます。
新しいパートナーとの出発をとても嬉しく思う反面、
正直言うとちょっぴりさみしく思う気持ちもあります。

でもいろんな意味で、友人たちの傷ついた顔を知ってるからこそ
心からの祝福を贈ります。
幸せになって欲しいと心から願います。


話はずれましたが

いい歳になっちゃった私には
メリルストリープの映画にどれもが
女性はいつまでもいくつになってもチャーミングでかわいいんだと
教えてくれますね。

自分もチャーミングな女性でいたいです。
[PR]



by joribox | 2011-11-03 09:39 | Talk

こんにちわ、ほんだじょりです。イラストレーションを生業としてます。
by joribox
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧