Sketch Note

<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧




17歳との会話

似顔絵屋さんをやってると
いろんな人とお話しする機会があります。
たいていそれは面白い話だったり、笑い話だったりするんだけど
お子さん連れのお母さんとは育児の話とかね、
同じような年代の人だと歳の話やら、病気の話とか多いんだけど
若い子と話すとたまに
説教臭くなってしまったりもします。

先日似顔絵の現場に、お母さんのお誕生日祝いの似顔絵を描きにきた
17歳の今時女子高生がいました。

お母さんが同じ年代と言うこともあって
お母さんの話とかはじめしていたんですが
彼女自身のことになって
友人には彼氏がいるのに、彼女にはこの歳まで一度も彼氏がいたことが無く
それがコンプレックスになってる話になりました。

見た目、ストレートの黒髪の
ホントに今時女子高生。
ちゃんと可愛いスカートもはいて
おしゃれにも関心ありそう。

小学校中学校時代もそこそこ可愛かったろうに
でも女の子友達とあそぶのが楽しくて
好きな男の子とかは別にいなかったとか。
だから友人が高校生になって次々彼氏を作るのに
自分はまったく好きな人もできず、
ちょっといいなと思ってもあきらめたりしてるとか

あきらめてる理由は
自分がブスだから。

どこが????と聞き返してしまいます。

えーブスだようー
目がちっちゃいしー
ちょ、この辺ニキビとかいつも出るし
デブだしー足も太いしー
きもいんだよねー

じゅうぶん細く、色も白く、足も多少筋肉質でもすらっとしてるレベル。
目はちっちゃくても腫れぼったいって感じではないし
メイクでがっつりアイラインはいってるからそんな風に見えないし
どこがきもいんだろう???

そう言うと

えーでもうちの友達みんなー
もっと細いしー
かわいいんだよー
マジ、モデルなみー

男がみんなそんなモデルみたいな子、好きとは限らないよ

えーでもー
すぐ隣にーうちより可愛い子いたら
絶対そっちの方がいいって思うでしょー
無理無理ー

そう言いながら顔を上げず
髪に顔を隠させて、無い無いと手を振る彼女


人と比べて容姿が劣る
そのことが自信を失くさせて
自分を見てもらう機会を逃してる


ああ、この子は昔の私だ
人の目を見るのが怖かった頃の
私と似てる
もちろん容姿は彼女の方が格段にいいのだけど


おばちゃんがあなたのようなスタイルがあって
あなたのように八重歯があって
あなたのようにおしゃれが似合ったら
おばちゃんの高校生時代のコンプレックスなんてひとつもなくなって
めちゃめちゃ楽しい高校時代だったと思うけどなあ。

そう言うと
おばちゃんの時代とは違うよぉと笑う彼女


うん、まあ、今の時代はわかんないけど
でもあなたじゅうぶん魅力的だし
かわいらしいと思うし
悲観するのは自由だけど、もったいないよねえ。

おばちゃんは恋愛玉砕型だからさー
(ナニソレーと笑う彼女)

まあ、惚れっぽいってのもあるけどねー
好きになって、好きって思ってるだけで満足な時期すぎたら
やっぱこっちも好きになってもらいたいでしょ。
それにはまず、その他大勢の中から
「私」を見てもらわなきゃだめな訳で
友達になれるなら友達から
そんなつながりもてそうも無いなら
まず「好きです」って言ってこっち見てもらわなきゃ。

最高に思いのこもった言葉で
最高に綺麗にして
最高に思いを込めた目で
「私を見て」って意思表示しないと
相手にとってはたんなるその辺にいる雑魚キャラなままでしょう

もちろん玉砕することも多いけど
てか、ほとんどそうだったけど
それでも相手にとってはちょっとだけ雑魚キャラじゃなくなるんだよね。
もちろん断り方で
相手の性格も、どんな男かも判断つくし
それでも好きなら片思いでもしょうがないと思うし
思い切りつけて別な人好きになるかもしれないし。

でもそれもこれも全部
自分を見てもらわないとだめなんだよね
好きでいたらいつか思いが通じるなんてスピリチュアル
私は信じないもの。




自分の母親くらいの年代のおばちゃんが言うのじゃ
きっと彼女の心にまでは届かないだろうなあ。

そう思いながらも
せっかくかわいらしいのに
好きな人に見てもらえないなんてもったいなさすぎる





お祝い色紙が描き終わって、品物を渡して
お母さん喜んでくれるといいね、と言ったら

ぽんたさん、
私ホントに可愛いと思う?と急に聞いてきました。

思うよ。そのままでもじゅうぶんかわいらしいし、
スカートもすごく似合ってる
笑顔が八重歯があってすごく可愛いと思う。
あ、でもうつむくと貞子になるから、その髪はちょっとかなー
うつむかなきゃ気にならないよー


彼女はにこっと笑うと

ありがとうございました!と帰っていった。


果たして少しは自信になったかな。

コンプレックスは誰にでもありますよね
もちろん私も固まりのよーなもので
人様にとやかく一説ぶてるもんじゃないんですが

でもまったく赤の他人からもらった一言で
自分が少し好きになれる瞬間ってありますよね。

私がそうでした。
たぶんその時その人にそう言ってもらわなかったら
恋愛玉砕型になることも無く
ずっと誰かの影で片思いし続けて
失恋しては泣いてたかもしれない

もちろん恋愛に限ったことじゃないです。

自分を見てほしいなら
評価してほしいなら
自分がまず歩みでないと

いつかは、誰かが

そんなこと悠長に待ってられるほど
希望的観測はできません

そしてかつて自分が救われたように
気づいてなくてうつむいてる彼女みたいな人に
ほんの少しでも自信になることができたら
そうやってかつての恩を返していくんだ、と思います。


まあ、めったにお客さんとこんな話する機会無いですが

今回は少し長々しゃべってしまいました。


説教臭いおばちゃんて嫌われますかねー。
気をつけなくちゃ。
[PR]



by joribox | 2014-06-10 01:45 | Talk

こんにちわ、ほんだじょりです。イラストレーションを生業としてます。
by joribox
プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧