Sketch Note

<   2011年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧




早乙女太一 「晩夏の舞」

夏の最後のお楽しみ。

b0020028_16184845.jpg


早乙女太一 劇団朱雀公演「晩夏の舞」

娘がファンの早乙女太一。
初めて見ますよ生で。

正直、私も早乙女太一って綺麗だし好きですが
「しゃばけ」の鈴彦姫くらいしか印象に無いので
きれいな女形さんやなーというくらいの印象しかなく
大衆演劇の女形さんて要するに人情劇やったり、
歌謡曲に合わせて舞い踊ったりするんだよなあ…と
その程度の知識で臨んでました。

友人が生協でチケットとってくれたので、結構良い席でした。
中央の通路を挟んで後の席のど真ん中ですよ。
周りのおばちゃん方はオペラグラス持参。
さすがに舞台の上の役者の表情を読めるほどの距離ではなかったので
おばちゃん方あなた方は正しい。
でも舞だけで、充分美しくて艶かしくて素敵でしたよ!

この席があとで私たち母子を大興奮に巻き込むことになろうとは…

まずはジュピターにのせて登場。純白の衣装。女形での舞。
いや、綺麗だわ。
あのポーズ一つ一つ、艶かしく見せるためにかなり体を反るんですが
そーとーな筋力が無いと絶対無理…
仕草の一つ一つ、なんかホントに見とれてしまって…

開演前に一言「早乙女太一です…」と挨拶が入っただけ。
あとはノンストップで音楽と舞の連続。
衣装が変わったり後半は男舞になったり
その間は劇団員の方がつなぐんだけど
もう舞がね…比べる方がおかしいと重々わかってるけど
ジャニーズが子供のお遊戯に見える…
切れはいいわ、大きいわ、スピードも力強さもあるわで
全然退屈しなかったです!
早乙女太一さん(うわ、もうさん付けになってしまう…)の兄弟姉妹?もでて、
弟君がすごく切れが良かったんで見ほれてしまった。

そしてやはりすごいぞ早乙女太一様!!!(ついに様付け^^;;;;)
なんつーか醸し出すムードが格段に違う^^;;;オーラって言うのかな?

こ・これで19歳………

そして、通路後ろの席だった私と娘は
2度も生太一様が前を横切っていくのを
手を伸ばせば届く位置で
まったく前に邪魔なものがない状態で
見ることが出来たんですよ〜〜〜

まさに鳥肌もんでした。

近くで見た太一様は
もっとぽっちゃりしてるのかと思ったけどかなり精悍で
素敵でした。

一気に終幕まで行ってしまった感じで
男舞もすばらしくて、ぽ〜〜〜っとなる母子ふたり^^;;;

最後のお見送りは小さなひな壇のようなところで、汗だくの太一様。
これまた手が届きそうな位置で
思わず深々と頭を下げてしまった私^^;;違うやろ、ここは…

娘と暗黙の了解で即買いました。
DVDです〜〜〜
b0020028_16185199.jpg


帰りの車の中で、もう、ドキドキで
なんか何をしゃべっても「素敵やったねえ…」で終始してしまった母子^^;;


帰宅してDVD見たんですが
これ!!!買いでしたっ!

生では見られなかった舞台の顔の表情や流し目。
演目は剣舞と影絵殺陣と
ストーリー性のある女舞「江島生島」

これがまた…ひとり二役で男舞と女舞とやるんですが
もう垂涎もんです…
色っぽい………めっちゃ艶かしくて切ない〜〜〜

買って良かった……
ていうかまた金沢に来てくれたら確実にまた行きたいです!

思ってたのとはだいぶ違う舞台でしたが
嬉しい誤算でした。

晩夏の夜、ホントになんだかどこか違う世界に入り込んだみたいで
夢見てるみたいな舞台でした。

娘と同じ歳なんですよねえ…
早乙女太一様…

あと一つ。何となく思ったんだけど
早乙女太一様って顔の造りが
辻村ジュサブローの人形みたいだなあと…………

ファンが聞いたら怒るかもだけど^^;;;;
[PR]



by joribox | 2011-08-31 12:51 | Art

ウェディングウエルカムボード ラッシュ

本日はイオン高岡での席描き。

相方は巨匠CH2.3さん。
巨匠が一緒だときっと暇だろうなあ〜
いろいろ技術盗んでこよう…うひひのひ

とけっこう気楽に構えて高岡入りしたんだけど

朝イチからウェディング用ウェルカムボードの制作のお客様がいっぱいでした。

ビックリっす…
初めての経験です…


午後5時近くまでノンストップで描きました。
巨匠ほど手が早くないんで、
いろいろお客様をお待たせしてしまって申し訳なかったです…

んでもってあまりに焦ったもんで、
今回写真一枚も撮れなかった…
余裕なさ過ぎ〜〜〜


しかし季節柄なんでしょうかね?
挙式予定は9月10月のカップルさんばかりで
少し涼しくなって
いい季節に挙式なんだなあとほのぼの。

友人の娘さんも9月25日に挙式だというので
ウエルカムボードの制作依頼を受けたとこだし、
その他にも数点9月にというのがある。

幸せなご夫婦になれますように、心こめて描かせていただきます。


しかし同じくらいの量かそれ以上こなしてるはずなのに
巨匠は余裕のよっちゃん
私は午後8時閉店時にはちょっとふらつきました。

すごい…
やはりキャリアが違うなあ…

帰り道いきなり間違えるし^^:::::

ちょっと疲れましたね、今日は。
今週は仕事が少しゆっくりなのでのんびり行きます。
[PR]



by joribox | 2011-08-28 08:02 | Work

覚え書き「桃」

友人に聞いた話。

奥さんの実家からすごく立派な桃が送られてきました。
毎年恒例で送られてくる桃はとても大きく甘く
果物をあまり食べない旦那さんが唯一好んで食べる果物だと聞いて
実家が毎年近所の桃園の大ぶりの最高級のやつを
食べごろのを朝もいで夕方届く便で送ってくれてるのでした。

ところが残念ながら
旦那さんは数日前から出張中であと3日は帰ってきません。

子供たちが食べたがるので
美味しい食べごろでもあることだし
もったいないから
お父さんに内緒で先に食べてしまいましょうと食べることにしました。

翌日実家のお母さんから電話があって
今年の桃は甘さが去年よりも増しておいしかったでしょう、
旦那さんは喜んだかい?と聞かれ
「あの人は出張であさってまで帰ってこない
だから子供たちと私とで食べました。すごく美味しかったわ」
というとお母さんがびっくりして言いました。

「あと3日くらい冷蔵庫に入れておけば何ともないのに、
なぜ旦那さんと一緒に食べないの?
あの人は果物があまり好きじゃないけど
桃だけは大好きなんだと聞いてるから
毎年あの人に食べてもらいたくて送ってるんだよ」

奥さんは
「だってあんなに美味しそうだし、子供たちが食べたいって我慢できないのよ
でもごめんなさい。お母さんの気持ちはありがたいわ。
桃は私がまたいいのを買っておくわ」
というと

「そういうことを言ってるんじゃない、
もしかしてあんた、子供を優先してるんじゃないのかい?」

と言われてとうとうとお説教されたそうです。

一番いいものをまず旦那さんにあげなさい。
そしてそれを子供たちの前で
「これは一等いいものだから、お父さんにあげましょうね」と宣言しなさい。
何か頂き物があったら
まずお父さんに見せてから、と子供たちが食べたがっても食べささない。
子供たちにそれをあげるのはお父さんからにしなさい。
けして主導権が子供にわたらないように
そして家庭内でのお父さんの地位を決定づけるのは
あなたの逐一の行動なんだと自覚しなさい。

…………
奥さんは今時何を言ってるんだと反論して
たかが桃でウチの家庭のことをそんな古い慣習で縛るなと
憤慨したそうですが

この話を聞いた友人がポツッと言いました。

そういえばウチで一番風呂は
いつもお父さんだったんだよね。
飲みに行って帰りが9時回る時はお母さんが
今日は特別、と必ず言って私たちが先にお風呂入る時があったけど
いつもはお父さんが入るまで入らせてもらえなかった。
お刺身もお肉も大きいのや高いものはいつもお父さんだったんだ。
お父さんは怖い人でも威張ってる人でもなくて
優しい人だったんだけど
お母さんがいつもそうしてるから
ウチで一番えらいのはお父さんだって思ってた。
だからかなあ、友達でお父さんのこと
汚いとかうざいとかくそじじいとか言ってるの聞いてびっくりしたんだ。
ずっとお父さんが世の中で一番の人だったんだよ、私の中では。
でもそれって、お母さんがそう思わせてくれてたのかもしれないなあ…





海外映画を見てて時々思うことは
あそこまでパパやママの地位が子供にとって高いことって
今の日本のお父さんにあり得るんだろうか?ということです。

一昔前の家庭のお父さんは一家の長で怖い存在でした。
今の世の中イクメンと呼ばれる
若い子育てにとても協力的なお父さんが多いので
もっともっと家庭はフレンドリーでいいのかもしれませんが
確かに何かの時の一家の長はお父さんなんだと
子供たちに教えていくのは
お母さんがそうしていないと難しいのかもしれませんねえ…

…と、自身の結婚生活もちょこっと顧みつつ、
反省もするのでした…




結局のところ例の旦那さんが
おいしい桃にありつけたのかどうかまではわかりません。
[PR]



by joribox | 2011-08-27 09:28 | Talk

ハリーポッター死の秘宝part2

一度めは息子と、今回は娘とレイトショーに行きました。

ハリーポッターシリーズの
原作を最初に読むきっかけになったのが
娘の活字嫌いでした。

小学校何年生だったろう。
確かまだ3年生くらいだったと思うんだけど

あまりにも本を読まない子だったせいか
作文とかもむちゃくちゃで苦手で

これはいかんなといろいろ本を与えてみても
まったく興味を示さないんですね。

どうしたもんか…と思ってたとき
ライターのトモコさんがトモコさんの娘さんである
Rちゃんがハリーポッターが大好きだという話を聞いたんですよ。
読みやすいし、面白いから、あれなら娘ちゃんも読むんじゃない?って。

半信半疑でした。
何たってハードカバーです。はずしたらちょっと後悔します。
とっかかりはRちゃんでした。
娘はRちゃんが大好きでRちゃんが読んでて面白いというなら…と
読み始めたんですね。
いきなりのハードカバー。結構な長さです。
しかし彼女は数日かかって読み上げました。
それまで見たことの無い集中力で。

そして見事にハマりました。
そのあとは発売日に何が何でも買って読む、という状態。
もともとファンタジーは好きみたいでしたが、
それからというもの活字好きになって何かにつけて小説を読みまくってる娘。
当然、私も読むことになり、すっかり私もハマってしまいました。
ハリーポッター様々です。

映画化はもう彼女にとっては夢のような話でした。
頭の中に描いてた景色が現実となって世界が見られる。
しかも初期の頃はかなり原作に忠実だったので
その頃は映画館へ行くことから遠ざかっていた私は
子連れでまたもや映画ファンに逆戻りしてしまいました。

おかげでうちの子供たちは
気に入った映画はまず劇場で見るもので、
家で見る時はみんなでいろいろ突っ込みまくって見るもの、
と思ってるみたいです。

シリーズ最終話が原作で発売になり
もちろん買って読みました。
さみしい思い半分、見届けた達成感半分で
読み終えて娘と感想を言い合うとき
ふたりして泣き笑いの変な顔になってました。

スクリーンでの最後ももちろん、ちゃんと見に行くことに決めてました。

回を重ねるにつれ、原作とちょっとずつ違和感が出てきたものの、
全回を通してほぼ同じキャストで作った映画であり
スクリーンでのハリーやロンやハーマイオニーの成長を見てきたからこそ
シリーズ全部見られて本当にほっとしました。

原作の中の台詞の一つ一つが大事な原作ファンにとってはたぶん
非常に不完全燃焼な終わりでしたが
多少の無理感はあれ、最後まで同じ役者さんで通した心意気には
賞賛を惜しみません。
あえてラストで変えてなくて良かった。

ちょっと話が飛びますが
「容疑者Xの献身」の映画化の時も思ったんですが
原作のラストシーンでの言葉は、
そのお話の本当に大事な部分だと思うんですよね。

「容疑者…」の時も湯川先生の最後の台詞が入ってなくて
不完全燃焼感がありました。
今まで無表情に淡々と受け答えしてきた犯人が
ここに至って声を上げて号泣するシーン。
それを押さえようとする警察官。それを制しての湯川先生の一言。
その台詞でお話の幕が下りました。
どれだけ悲しい事件だったのか、その一言がすべてを物語ったなと
個人的には思っていたので
映画でなかったのが非常に残念でした。

ハリーの台詞にしても
戦いをすべて終えたあとの一言。
そして額の稲妻傷に触れながら心の中で言った
未来につなぐ物語の最後の言葉。

惜しい。
入れてほしかったなあ…

原作読みではない人にはまったくわからないことで申し訳ないですが
それだけが残念でした。

ともあれ、娘にとっては自分の生きてきた年数の
約半分を過ごしたパートナー的物語の完結です。
名残惜しいですが…

でもDVDは必ず買ってたし
ブルーレイで全作セットでも出たら迷いも無く買うことでしょう。
彼女にとっては一生のパートナーのファンタジーかもしれませんね。

いっぺんでいいから映画館で全作上映マラソンでもやってくれないかなあ。
絶対見に行くのに。
[PR]



by joribox | 2011-08-26 18:50 | Talk

絵日記

息子がドストエフスキーの「罪と罰」を読んでいる…………


あの活字と言えばライトノベルしか読まなかった男が。

かなりびっくりだがよく考えたら彼も高校生でしたよ^^;;
いつまでもおこちゃま文学ではないんだなあ…

現国の先生が薦めてくれたというので読んでるらしいが
今、夏休みの宿題のレポートをそれで書いてるらしいです。
けっこう頭抱えてますよ。わはははは


夏休みもあと数日になってきて
さすがに必死に宿題かたづけてる息子ですが
「あと何残ってんの?」と聞いたら

「現国のレポートと、国語の問題集と…」

ははん、得意な理系なもの先にやっちゃって苦手なの残してたなあ。

「あと、絵日記3枚」

え・

絵日記??????

キミ高校生じゃなかったっけ????

何それ、初めて聞いたよ、高校生の夏休みの宿題に絵日記って!


「………英語でだけどね」

あ、^^;;;;;
やっぱそういう落ち付き?

てゆーか英語で絵日記って
つまりは英作文だよねえ。
何描くの?

「…こないだ行った日本元気劇場のことと
夏休み俺のオムライスへの挑戦と
しんたてふれ愛まつりかなあ…」

あ、なるほど。良かったね一応ネタがあって。

しかしキミの英語力で英作文…^^;;;
キミんとこの学校の先生は面白いなあ。

「英語の先生は外人さんだけどね」

へーじゃあ、先生も案外楽しみにしてるのかもしれないねえ。
で、絵は大丈夫?

「………それが一番の問題なんだよなあ…
オムライスはまあいいとして
戦艦三笠と新竪の似顔絵の様子が…」

そう、彼は彼でモノ作りの方に行ってるけど
彼はどっちかって言うと機械なので
絵はめちゃ下手なのです。

おかーさん代わりに描いてあげよか?

「いらんし、だいたいおかあだといきなりばれるし
……お姉ちゃんに下書きだけ描いてもらおうかなあ…」


はたしてどうなることか。*^^*


ところで戦艦て英語でなんて言うのかなあ。
あ。あれだ!ヤマトだ!
SPACE BATTLESHIPだ!

「…おかーさん。宇宙飛ばないから」

素で間違えて恥かきました。
とほほ
[PR]



by joribox | 2011-08-22 13:31 | 親バカ

しんたてふれ愛まつり

何となく不吉な天気ながら
一応曇りで雨は降ってないということで、
ラッキーと思いつつ行って参りました。


b0020028_1512173.jpg


こんな感じで、さあ開店。
昨年と同じ位置。
商店街出口近く^^;;;;

途中小雨が降ったものの、まあまあ持った方でしょう。
しかし昨年もそうでしたが午前中は閑古鳥ですよ。
皆さん食べ物と小物の方に行っちゃってなかなかお客さんはきません。

でも入り口近くの肖像画屋さんには
そこそこお客さんがいたそうだから、やはり立地かしら^^;;;

でもまあのんびり、天狗のお肉食べたり〜〜〜
スモークチーズ食べたり〜〜〜
うろうろ冷やかして歩いたりして遊んでました^^;;
友人も何人か来てくれたので彼女たちを描いたり、しゃべったり^^;;;

デ専時代の友人が、自分は行けないからと
お初にお目にかかる奥様と愛犬ちゃんを派遣してくれて
初めてしゃべる奥さんと、友人の話で盛り上がったりとか
なんか非常に楽しゅうございました。

昨年描いたのにまた描いてってお客さんが何組もいて、
手伝いできてた息子が帰りの車で

「おかあ…なんかすごいね。
『今年も描いてもらおうと思ってきたの!』ってお客さん何人もおったね。
おかあ…もしかしてすごいひとなんや?
なんかさあ、
『嬉しいわあ〜素敵や、ありがとう!描いてもらって良かった!』
ってお客さんの言葉聞いて、すごいなって。
嬉しいよね、あんなこと言われると。
すごく素敵な言葉やね、ありがとうって。
俺もすごく嬉しくなったよ。」

と、なんか母親の株を上げたようなことをいってたので
なんかこそばゆかったです。

毎回ちょこちょこ顔出してくれるジジさんや
通りすがりに写真撮っていったニキさんや
毎年肉買いにくる^^;;デザイナさんの顔も久しぶりに見れたし
高校時代の後輩や
ライターのトモコさんは娘さんが描いてってくれたし
あと、なんか仕事で間接的に関わった人とか、
直接関わったけどメールでしか知らなかった人とか
ブログチェックしてて、
ぜひ描いてもらおうと思って来ました!って人とか

もうどうしよう、嬉しいいいい…

ってなんか感動してしまった。

子供たちと、娘の友人のミサキちゃんは朝からずっと一緒にいて
なんか食べに行ったりバックで本読んでたり、
お客さんが来たら手伝ってくれたりしてました。

暗くなってきてライトが必要なくらいになると
新竪小学校の方で盆踊りが始まり、
その頃になるとお客さんは皆盆踊りの方に行ってしまったので、
引き頃だなと店じまい。

楽しかった*^^*

息子がテキパキ搬出してくれたので
(っていうか何度もつきあわせてるので、めっちゃ手際いいんですが)
あっという間に片付いて楽でした。

売り上げ的にはノルマはばっちり。
家に持ち帰りの似顔絵も何点か入ったので
また楽しんで描こうと思ってます。
ありがとう。

今日来てくださったすべての方に感謝。
そして「行けないわ、ごめん〜」とメールくれた皆さんにも感謝。
手伝ってくれた子供たちに感謝。

そして、愛する新竪商店街の皆様。
今年もありがとうございました。


さて、もういっちょおまけで似顔絵アップしておきます。
b0020028_15271788.jpg


AKB板野友美ちゃんですね。
娘が好きなんでAKBは真っ先にこの子描いたんですよ。

b0020028_15291980.jpg


あと、最近知り合いに描いたのですが
奥様のお父様の誕生日とかで、奥様のご両親だそうです。
プレゼントにいかがですか?と看板にものせてるんですが
えらい喜ばれたそうで、まあ、描きがいがあったなと。

こーゆーの楽しいなあ。
[PR]



by joribox | 2011-08-21 14:55 | Art

こんな感じです。

いよいよ今日です。しんたてふれ愛まつり。

最近似顔絵描きするのにディスプレイをするために
芸能人の似顔絵を描いていたんですが
一応見本に一つアップして行きます。

b0020028_454324.jpg


二宮くんですね。
これ結構女子小学生さんがたにウケ良かった。さっすが嵐。

ちなみにこれ、もうデータでしか残ってないんですよね。
前に似顔絵描いたカップルさんの彼氏さんの方が

「妹が大ファンなんで、売ってもらえませんか?」
と、買っていかれました。

かなりなイケメン彼氏さんでしたが
彼女さんと妹さんにデレデレの優しい男の子でしたね。

翌日もいますよと言ったら
妹さんつれてもう一回描きにきてくれました。
ありがたいなあ。
[PR]



by joribox | 2011-08-20 04:10 | Art

いよいよ明日だよ!第25回しんたてふれ愛まつりのお知らせ

b0020028_7471163.jpg

b0020028_7474448.jpg


いよいよ迫ってきました。
パンフレットを載っけておきます。
ダブルクリックでちょっとだけ大きくなります。

私のブースは昨年とほぼ同じ位置みたいです。
新竪商店街の出口の方ですね。

誘客的にはちょっと不利かもですが、
のんびりやるにはちょうどいいかなあ。

パンフレットチェックの上、遊びにきてくださいね〜

私もすでにチェックしてるものがいろいろあります。うふふのふ。
[PR]



by joribox | 2011-08-19 07:55 | Art

石モのとっつぁん(石川モータース閉店)

かつてデザイン専門学校の生徒だった頃
ごく近所に「石川モータース」というバイク屋さんがありました。

出羽町と小立野の間あたりに位置するそのお店は
私が初めて50ccのバイクを買ったお店です。
初めて組んだローンでしたね。
真っ赤なHONDAタクト。
当時私の大事な足でした。
そのバイクで幅が倍くらいあるB全の木製パネルを運び
デザイン学校に足しげく通いました。

社会人になって中型の免許を取るまで毎日毎日乗っていました。

石川モータースの親父さんは当時から
「石モのとっつぁん」と呼ばれ
明るい笑顔の奥様とふたり
まるで本当の両親のように、いつ行っても歓迎してくれました。
ちょびヒゲにバンダナ。
とっつぁんの話はいつも面白くて大好きでした。

中型自動二輪の免許を取ってからは
石モのツーリングクラブ「KNIGHT RIDERS」に入れてもらい
よちよち歩きだった私の運転技術を少しはまともにしてもらいました。

当時大学生だった他のメンバーには
内川峠で毎週峠を攻めてる有名人も何人かいて
毎月のミーティングでは楽しい話がいっぱい聞けました。

まだ女性ライダーが珍しい時代です。
マドンナ的な女性ライダ−もいました。
「朝夕」と書いて「あさゆ」と読む、素敵な名前の持ち主でした。

ちょうどマンガで「風します?」という
月子ちゃんという女性ライダーの4コママンガが
爆発的にヒットしたあたりです。
ホントにあれから女性ライダーが増えましたねえ…

HONDAの250cc単気筒のから集合管に憧れて
SUZUKIの250ccに買い替えて…

当時の彼氏も400cc乗ってたんで
ホントによくいろいろ走ってましたねえ…

ウチの亡き親父もバイク乗りでしたので
石モからバイクを買って乗ってました。
親父はアメリカンが好きだったのでYAMAHAのアメリカンでしたね。

結婚して子供が出来て
バイクを売ってしまってから
お姑さんの目もあって結局もう一度乗ることはかないませんでしたが
数年前90ccのスクーターを買うのに久々に店に寄ったら
まったく変わらないとっつぁんがいて安心したものでした。

結局あんまり乗らなくて売ることにして
ほんの先日回収してもらったところです。

その前に会った時から
どうにも片方の腕が痛くて
なかなか修理に手間取ってるという話を聞いていましたが

その腕がいよいよ言うことを利かなくなったと
今年7月いっぱいを持って
「石川モータース」は閉店しました、というハガキが来ました。

最後に会った時に
「ウチの息子がもうすぐ原付で学校通うことになると思うから、
またバイクお願いするね」
と言っていたばかりでした。

「(腕が痛いんで)いつまでやれるかわからんぞ」と
とっつぁんは言ってたけど

マジにお願いする気でした…


当時から一緒によくお店に行ってた
べーやんにもメールで伝えたら

「古巣が無くなった感じだね…残念や」との返事。

なんかいつまでもそこに変わらずある、
ということが当たり前だと思ってましたよ。

とっつぁんには会ってお礼を言いたかったなあ。
ゆっくり飲んだりしたかったなあ

ありがとう。ほんとにありがとう。

引退後は孫守なのかな?
ゆっくりのんびりしててくれるといいなあ。
[PR]



by joribox | 2011-08-18 23:07 | Talk

そしてまた進化する

最近似顔絵描きをやってて、他の絵師さんと組むことが多いんだけど
そのほとんどが私よりだいぶ年下です。

15日に組んだろーにーちゃんなんて
娘とほぼ同じ歳…
聞いたらおかーさんの歳は私より年下だったよ。がーん…

ほとんどが20歳代。

とゆーか私の歳になってやってる人はいないんだろーか^^;;;

たぶん一番年上だと思われるCH2.3さんでも私と10は離れてると思う。

がしかし似顔絵の腕は皆さんそれぞれすばらしく
作風も様々で見ていて楽しいし
お客さんも自分の好みの絵師さんの作風を見て選んで描いてもらってます。
私もすごく勉強になりますよ。

画材や描き方、トーク、ディスプレイ…
みんな自分で工夫してるので参考になります。
そして自分の腕で稼いでるという頼もしさですよ。若いのに…


私もちょっとずつ修正して自分なりの描き方や売り方を検討して
いつか人気の似顔絵師さんになってやろうじゃん!と鼻息荒くなってます。

そうなるとよく心配されるのは本業の方ですが
意外な効果がありました。

ここんとこずっと最近デジタルの制作が多かったのもあって
自分自身でも手書きの線が
若干勢い弱くなってきてるなあと焦っていたんですが
あまり迷わなくなりました。
勢いも少し戻ってきたような感じも。

なんかこうなるともっと描きたくなります。
パネル張って大きな絵を描こうとか思うようになってきます…

なかなか暇がありませんが…

もっともっと。
もっと描きたい。うまくなりたい。
もっと表現したい。

進化をするのはもちろんですが
どんどん貪欲なおばさんになってきてますよ^^;;;;

お盆休みも結局仕事三昧でした。
似顔絵描きに行ってたのが息抜きだなんて言ったら叱られちゃいそうです。

もうすぐ9月。
いよいよざぶん賞も近づいてきますね。

9月は少しゆっくりしたペースにして
何か作品を描きたいなあ。
[PR]



by joribox | 2011-08-18 05:36 | Art

こんにちわ、ほんだじょりです。イラストレーションを生業としてます。
by joribox
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧