人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ワク2の副反応がでた(じょりさんちの話)

息子が先週の土曜日にワクチン2(モデルナ)で集団接種に行きました。

私も娘もほとんど副反応なし(個人医院でファイザーを2回)だったので
息子はどんなもんかなーと思ってたら

翌日発熱。
38.5まで上がったとか。

噂通りだなモデルナ。

とゆーことで、まあ一通り色々引きこもり用意はしてたみたいだけど
ちょうどイベントで帰り道に息子のアパート近く通るから
なんかいるもんあったら〜って聞くと
アクエリアス切れたから買ってきて欲しいとな。

食欲なくても食べてるけど
なんか味が薄く感じる〜〜とかいい出して

「俺、コロナかかったんかな〜〜ワクチンで味覚障害になったって話ないみたいやし〜〜〜」
となんとも頼りなげ。

いやそれたぶん、熱のせいやろって思ったけど
息子心配のあまり

「おかーさんは来ちゃダメ。感染るといかんから」と言い出したんで

安心しろ。玄関先に置いて帰ってくるから気にすんな。
と返信。

さて、まあそこまで心配ならと
抗原検査キットを娘に頼んで買っといてもらった。

熱少しおさまった頃にでも一回検査すれば安心できるやろ、ということで。

イベント帰りに娘と合流。
とりあえず夕飯一緒に食べたあと
息子に渡すものを揃えていたら

娘が
「この抗原検査キット買いに行った時にさあ、
薬局の人が面白かったんだよねえ


ワク2の副反応がでた(じょりさんちの話)_b0020028_10313806.jpg




いや、当たっちゃダメやろって笑」

薬局の人…………

気持ちはわかるがそりゃダメやろ笑


息子には無事お届け完了。

早くおさまるといいねー





ところで。
この薬局での抗原検査キットについては
国が警鐘を鳴らしてるそうです。
(実は今朝知った^^;;)

リンク先は石川県のウェブサイトです。


今市販されてるやつは「研究用」というやつで
きちんと判定ができるものではないとか。

正しくは体外診断用医薬品というやつをしないといけないみたいです。

2,000円程度で薬局で買えて
簡単に検査できるんならいいなーと思ってたけど、これって無駄だってことかなあ。

かといって医療機関で熱もあんまりないのに検査をしてもらう場合、
ほとんどがPCRでおよそ2〜3万円………
(抗原検査でも8,000円強でした)

簡単じゃないですよねえ………


もっと簡単に検査できて
信用性もそこそこあるやつが出てくるといいんだけどなあ。


てことで、市販品を使う場合は
上記の警鐘を納得の上でご使用ください。

……いや、信用ならんかったら
しないか、誰も。





# by joribox | 2021-10-25 11:06 | じょりさん・ち

やましろに出没した珍獣(じょりさんちの話)

先日からこってりと書いた引越し顛末のブログのおかげで
なぜか人気が爆上がりした息子を始め
つまつまと漫画を上げてたせいか
うちの娘にも意外とファンが多い。

もちろんうすうす気が付いてる娘
(なんでも職場の人がたまに見てるとか?)
はともかく
息子はまっっっっったく知らないので
あのとぼけたのほほん息子であればきっとこのまま気づかないだろう笑

つい先日今年初参加で
「やましろアートマーケット」に出店したのだけど

ご存知のようにもう子どもたちとは一緒に住んでいないので
2日間山代温泉にいるんだから、これはいっそあっちにお泊まりしよう。
どうせなら娘と息子も呼んで一緒に泊まって
1晩じっくり愛で回そう*^^*

そう思ってほぼ強制的に子どもたちに日程を空けさせ
会場近くの湯快リゾートに予約を入れていたのだけど

なんと、びっくりなことに
イベント2週間前にお宿の方からキャンセルされました^^;;

いや、コロナで客数もあんまりいないし、
近辺の粟津、山中に同グループがいるから
こっちを閉館にしてお客さんを分配して
効率を上げるってのは非常に理解できたんですが
イベント1日目が終了なのは夜9時なので
極近のお宿にしてたし
もちろん行くからにはバイキングも食べたかったから
最終入り何時までならいいかってお宿に確認もしていたので
粟津や山中に移動となると
ただでさえ駐車場遠いのに、そこから移動なんて時間的に無理、と判断。
結局子どもたちとののんびり温泉は次回に持ち越して、
今回のイベントは一人で参戦することに。
搬入撤収のお手伝いはは旦那にお願いすることにしましたのさ。

とゆーことで
まあ、一人のんびりイベントもいいかーと思ってたら
日曜日には子どもたちが遊びに来てくれるとゆーことになってウキウキ*^^*
娘とは先週に会ったけど、息子に会うのは久しぶりです^^
娘の友人のM(もう私の中ではほとんど家族と一緒^^;;)も
連れてくるとゆーのでなおさら楽しみ^^

そして現れた3人組は
同じようなモノトーンのお洋服と
メガネをかけた大中小の凸凹トリオでのんびり会場回って
私に差し入れくれて、しばらくブースで喋って
肉だのなんだの美味しいものを買って来ては
食いまくって帰って行きました^^;;
息子ともつまつま喋って嬉しかった^^

その子どもたちの滞在時間の間
3度ほど私のメッセンジャーが

「息子さん発見!!!!」
「娘さん見たよー」
「きゃーあれが噂の息子さんなんやねー!」

子どもたち発見の速報が流れます^^;;;
やましろに出没した珍獣(じょりさんちの話)_b0020028_08553302.jpg
珍獣か爆笑

後から聞いたら声には出さずとも

「あーあれが噂の息子さんなんやー」と
生暖かく見守ってくれてた人や
「わーリアルじょりさんちやー」
とほくほく眺めてた人もいたそうで

なんだか当人たちが全く知らないところで
有名人な子どもたち^^;;;;



………ま、まあいいか、悪い評判じゃないんだし^^;;;

しかも皆さん、声をかけたりしないで
生暖かく見守ってくださるとゆーのが本当にありがたく
というか、優しい人たちが多くて助かります^^


ところで

娘が爆笑してたんですが
今回ドライバーは息子で山代まで来たらしいんですが

目的地は山代温泉なのに
やたら息子とMが
「かましろ、かましろ」を連発するので
何言ってんだこいつら?????と思ってたら

やましろアートマーケットのロゴが
「かましろ」としか読めなくて
それを連呼してたということでした。

「行き先が山代温泉なんやから
『やましろ』やってわかりそうなもんなんに
こいつらあほや」

と笑ってました。

確かにロゴを見直すと…まあそう見えなくもない。
やましろに出没した珍獣(じょりさんちの話)_b0020028_08573951.jpg

デザイン大事ね^^;;



# by joribox | 2021-10-22 08:58 | じょりさん・ち

ランプレドットの夢を見る……(くいしんぼ日記)

日曜日のイベント帰り。

中能登で開催された「ココロルマーケット」は

美味しいお店でいっぱいだったので

朝からMOGUMOGUさんのたこ焼き2種

サリーナさんのクアトロファルマッジに蜂蜜たっぷりかけたの

中津の唐揚げ

炭火焼き豚丼

タルトタタン・チーズケーキ……etc


これでもかって娘とシェアして食べてたくせに


(ええしばらく忘れてましたが

私が似顔絵描いていただいた売り上げを

横からかっさらって美味しいものをゲットしに行くとゆー

ふれあいまつりや横っちょなどの

美味しいものがいっぱいあるイベント特有の

鬼畜娘の行動がここに………


撤収して帰り道


「もしかして、あのランプレドットのお店って

帰り道じゃなかったっけ??」


と気がついたのが幸運でした?


18時開店をお店の前で待ち構えて

念願叶って訪れることができました。


かほく市のイタリアン「カチェーナ」


シェフの似顔絵が堂々と描いてある看板で

とてもわかりやすいお店です。

(あの似顔絵ってまゆさん?)


実は何年も前、

金沢の近江町市場のすぐ近くに小さいお店がありまして

そこではイタリアのもつ煮込み「ランプレドット」を

ロゼッタパンに挟んで提供してくれる

私と娘が大のお気に入りだったお店でした。


数年前、そのお店が閉まって

旦那さんがシェフだというお店で出していると聞きましたが

その頃はまだ移動販売などで時々

しいのき迎賓館でイベントがあった時とかに出会えていたので

お店まで行こうとは思ってなかったんですよねー

ところがコロナのせいかすっかり見かけなくなってしまって…


娘がことあるごとに

「ランプレドット食べたいな…」と言い出していました。


念願叶ってのお店訪問。

しかし私たちのお腹はお昼前からのB級グルメで今ひとつな減り。

なのでアラカルトでいくつか頼んでシェアすることにしました。


これがまた美味しくて~~

前菜の盛り合わせ

ランプレドットの夢を見る……(くいしんぼ日記)_b0020028_13514431.jpg

シーザーサラダ

ポークのローストゴルゴンゾーラソース

どれも美味しい~~~


そしてお目当てのランプレドット!


ランプレドットの夢を見る……(くいしんぼ日記)_b0020028_13520032.jpg


ロゼッタパンにオリーブ油染み込ませて

ランプレドットを挟んで緑のソースをかけて

提供してくれていた頃とはちょっと違って


グツグツに煮えたものにすでにソースはかかっており、見た目アヒージョ。

それをバゲットのスライスに乗っけて食べます。


ああ、カリカリのバゲットにじゅわっと染み込むオイルとソース…

ほちゃほちゃのランプレドット………


ランプレドットの夢を見る……(くいしんぼ日記)_b0020028_13522062.jpg


うまっ……


言葉を失い、待ちかねた味に浸り堪能する母娘笑

私はそろそろ満腹になっていたので

半分以上は娘に譲りました。

あんなに焦がれていた味です。堪能したまえ。


マダムに聞いたところ

移動販売は当分やめてるんだそうで

(車を修理しないといけないのもあって)

まだまだイベントではお目にかかれないみたい。


私たちが中能登であったイベント帰りだというと

疲れが取れるからと

桃のコンフィチュール?が入った甘めな紅茶をサービスしてもらいました。


これがまたね………

甘くて桃の香りがふわってして

本当に疲れがほどけていきましたよ…


とにかく満足して家路に着きました。

「また行く。絶対」娘がニコニコと力強く言いましたとさ。


いややっぱりさ。


まず食いしん坊が主催のイベントは

美味しいものがいっぱいで本当に嬉しい笑


そしてお腹が一つしかないことを心底悔しがる私。


で、ずっと気になってたお店訪問もできて大満足でした。


ランプレドットの夢を見る……(くいしんぼ日記)_b0020028_13525074.jpg


食いしん坊バンザイ。





ちなみに


私たちが愛した笑ランプレドットのサンドは

テイクアウトできるみたいです。


よろしければどうぞ!

カチェーナさんのウェブサイトです。





# by joribox | 2021-10-05 13:53 | くいしんぼ日記

いろんな生活の変化「ほんだ家の日常の終わり」おまけ

終わると言っておきながら
まだ引っ張るか笑

しかしこれら、一連の出来事は
引越しのドタバタから始まってだと2月3月は、引越しのドタバタ
4月5月でこの大家さん騒動。

ほんの数カ月のことなんですよねえ…


いや、つくづく思い返してみると、
大家さんは大家さんなりの正義(と言っていいもんなんかわからんけど)があって
大家さん自身では正当な請求と対応をしたんだろうと思うんで
それは私らにはかなりな衝撃でも
あちらさんは商売な訳で。

今になって一番なんというか腹たつのは

不動産屋さんのことです。


管理会社、と銘打って
契約書にも出てるし、解約手続きもそこの不動産屋さんなわけで

あとで思い返した時に一つ疑問が浮かんだんですよね。
私新居の住所を大家さんに教えてなかったということを。

いきなり送られてきた修繕費等の封筒は
郵便局にお願いしてる旧住所からの転送じゃなく新住所に宛ててきてたし
確か私鍵を返却する際に不動産屋さんに
何かあったら連絡くださいと新住所を書いて送ったんで

てことは新住所を大家さんに教えたのは不動産屋さんってことですよね。

まあ確かに先述の通りの業務しかしてなかったんだったら
そのあとのことは大家さんに丸投げって状況になったんでしょうけど
あの時点で私は管理会社である不動産屋さんからなんらかの連絡があると思ってたし
連絡先もだから不動産屋さんに知らせたって思ってたわけですよ。

確かにこんなに大家さんを怖がってるとかって書いて送ったわけではなかったけど
ちょっとひどくないか?と…
こういうのは個人情報なんじゃないの?知らせるのに許可いらないの?
せめて
「大家さんが直接やりとりされるそうなんでご住所教えてもよろしいですか?」とかさー
聞いてよー絶対嫌だって言ったのに〜笑

ましてや
のちに怖いから間に入ってくれってお願いした時ですら
まあ、大家さんから自分で連絡するって言ったんだろうけど
(大家さんは私の携帯番号知ってたし)
それにしてもなんとかしてくれなかったのかってちょっと疑問です。
せめて
「大家さんが直接話すって言ってますので連絡入ります」とかくらい一言入れられないの?
怖いって言ったじゃん。

てことでちょっとだけ毒吐いて、これ一連の話をおしまいにしたいと思います。



信じられないわ!〇〇不動産!!!!
だったら管理会社って名乗るなや!!!
ただの大家さんの伝書鳩よりわけ悪いわ!!!

公には書かないけど
個人的には友人等には
あそこの不動産屋さん信用できないよって教えさせてもらうわ!

しかし
入居の斡旋してるって…
あの大家さんはかなり不動産物件を持ってたはず。
まあ、評判が悪いって時点で何人も似た様な思いをした人がいるんだろうな。
それをちゃんと説明して入居斡旋してるんだろうか
あの不動産屋は。


………なわけないか。


ではでは…………チョン。

# by joribox | 2021-09-24 07:12 | お引越し顛末2021

いろんな生活の変化「ほんだ家の日常の終わり」13 ラスト

息子をアパートまで送る帰り道。


しばらく黙っていましたが

大家さんいたの?と聞くと


「さっきもいたみたいやった。

奥さんが対応してきたけど大家さんは一切出てこなかったよ。

奥さんが誓約書持って後ろに引っ込んで書いたの持って戻ってきた」


ということだったらしい。


それから、ハーッと大きなため息をついたので

ほんとにごめんね

お母さんがちゃんとしなきゃいけなかったのに

キミにこんなことさせて…と謝ると


「いや、むしろ俺らがごめんやわ。

あんな気◯○イやとは知らんかったから

全部おかあに後始末任せて

もっと俺やお姉が最初から一緒に交渉とかおったらよかったんや。

怖かってんろ、本当にごめんね、一人でやらせて」


泣きそうになりました。

いつの間にこんなに頼れる子になってたんでしょうか。


ありがとう

ありがとう


…それしか出ませんでした。




翌日


工事日、息子とふたりで家の中を見ました。

まだ修繕されてない、最後に見た家の様子と同じ。


あの最後に請求されたのはどこなんだと息子に聞かれ

押入れの奥、ネット回線を通すために開けた穴を見せました。


「大家さんは自分で修繕するための値段やって言ってた。

俺思うにもしかしてこの家の修繕費、

業者さんに見積もりとったもの送ってきたかもしれんけど

かなり古い家やし、後ろの家も空いてるし、

あそこも直してるような感じじゃなかったしさ

もしかしたら直さんで潰すかもしれんねえ

もしくはこの穴みたいに自分でできるところは自分で直してしまうとか…」


たぶんそうなんじゃないかなーと私も思ってました。


まあ、たとえそうであっても

今はもう関係ありません。終わったことです。


工事業者さんがきて

光回線を外しました。

こうなるとアナログ電話も差し込み入れただけじゃ繋がりません。

そこで息子がまたNTTで確認して

そのアナログ回線をつなぐのは次に入る入居者さんがすることであって

私たちが負担してすることではないと言質を取り

その旨をメモって鍵とともに封筒に入れ

大家さんの家のポストに入れてきました。


これで本当におしまいです。


帰り道、また息子をアパートに送る途中に

息子が


「俺さ、あれからずっと思ってたんだけど

おかあ、なんで〇〇さん(彼)に相談しなかったの。

あんなに怖がってる時点で〇〇さんに力になってもらえばよかったやんか。

絶対嫌やって言わんやろ。

今まで誰も頼ろうとしてなかったからそういう苦手なんやってのは知ってるけど

結婚するって、夫婦になるって違うんじゃないの?

これからももちろん俺やお姉も力にはなるけど

おかあが真っ先に頼らなきゃいけないのは〇〇さんやろ?

そういうことやろ?」



まさか26歳独身の息子に

夫婦とはなんぞや、まで説教されるとは思いませんでしたがな…


「うん…そうだね…お母さんのいかんとこやな…気をつけるわー」






そんなこんなで大家さんとの一件も終わりです。




ここまでの間、本当にいろんな助言をくれた方もいっぱいいました。

私の意地っ張りなせいで、全てが終わってから笑い話のように報告すると

「なんでもっと早く言わなかったの!!!」と

怒ってくれた人も…


ありがとうございました。

本当に感謝してます。


我が悪友に至っては


「大枚はたいたけど、結果的に

息子がいい大人の男に成長してるってことが確認できたのが

一番収穫やったやん

それでよくね?」


………確かにそうです笑



そして

助けてほしい、知恵が欲しい、

どうしたらいいのかわからない

………そういうときはまずちゃんとそう言わなきゃいけないんだってことを

自分の教訓にしたいと思います。


あ、そうだ

息子に言われた「旦那を頼る」も^^;;;

いや…このときまだ入籍前で

「ほんだ家」の話だから彼を巻き込むのはなんか違うって

そう思っちゃってたんですよね…

これは私たち家族の話なので彼の関与するところではないと…

なんども暗い顔してたのを見てた彼も

大丈夫なんか?と聞いてくれてたのに

愚痴聞いてくれるだけでいいよーと

一切力になろうとしてたのを断っていたのは私です^^;;;

全部終わって話した時も

息子が「絶対おかあが持ってると失くすから、〇〇さんに預かってもらってよ!」

と言ってた誓約書と最後に払った領収書を預けた時も

「ほんとにいいんやね?これで

弁護士に相談するなら知り合いに聞くよ?」

と、心配してくれてましたもんね…

ちゃんと頼る時には頼らないといけない。

これがなかなか慣れてないものには難しい…

今現在も苦戦中です^^;;



さて、

これにて「ほんだ家の日常」 完です。


長々ありがとうございました。


とはいえ、描ききれてない子どもたちのエピソードや、

コウメさんのエピソードもまだまだありますんで

その上、新生活になってからのエピソードもまたありますんで


そのうちまたマンガでも載せようかと思っています。


今後ともよろしくおつきあいくださいませ。


# by joribox | 2021-09-23 06:00 | お引越し顛末2021